google.com, pub-1581610535541410, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 

紙に印刷し冊子にした『メニューブック』は不特定多数の人に触れるので「非接触」対策にならないです。

WITHコロナ時代/電子メニューの流れ

HOME | ABOUT

当サイト「電子メニュー.com」では、コロナ過でいままで通り飲食店経営がむずかしくなった店舗様向けに、紙のメニューを電子化する方法を支援していきます。
地域によって優良店舗の認証を受けてステッカーなどの証を受けてはいても、「非接触」が標準化となっている為、紙のメニューを電子化するなどの対策が必要になります。従業員を募集しても集まらない場合、なるべくセルフでお店が回るようにすることにも繋がります。
 
コロナ以前からもメニューを電子化する動きはありましたが、今後、一気にメニューを電子化する流れが進んでいくものと思われます。

 スマホの普及

デリバリーアプリから?

コロナ過の時代にステイホームになった時、食べるものを買いにいけなくなってしまった人が多いと思います。
そんな方々に指示されていったのが「UBER」、「出前館」などのデリバリーアプリではないでしょうか?
昭和の時代では、FAXで注文して家まで届けてもらう出前をするお蕎麦屋さんなどがあったのですが、配達員を確保するのが難しいので現在は自前で配達までやっているお店は少なくなりました。
UBERなどのデリバリーアプリは、配達員をWEBで集めてその人たちのコストをメニュー単価に上乗せするビジネスモデルです。
大手のチャーン店などではデリバリー用のコストを上乗せするなどしていますが、小さなお店ではなかなか難しいようです。
 配達しないで、取りに着てもらうテイクアウトのアプリも色々と出てきています。

 

フードデリバリーアプリで問題となるのは、各サービスごとに注文が入るタブレットが別々に必要になることです。

複数のフードデリバリーアプリから入った注文を一元管理出来るサービスが登場してきています。↓ ↓ ↓

チェーン店はテクアウトアプリ!

「吉野家」、「丸亀製麺」、「すき家」、「なか卯」、「ケンタッキー」「餃子の王将」、「松屋」、「カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)」、「木曽路」などなど

事前注文サービス『PayPayピックアップ』が一部店舗で利用可能になりました!

スマホからメニューを見て注文

インターネットが普及していくと、ネットスーパーやamazonなどのサイトから食料品を注文するということが出来るようになりました。
飲食店のDX化に寄与していた「予約システム」などと連携した「テイクアウト予約」システムなどもたくさんのサービスが登場しています。
本サイトで推奨している「電子メニュー」は紙のメニューを電子化してそれをお客様のスマホで見ていただき、お好きなメニューを注文していただくというシンプルなものです。
 
ほとんどコストがかからずに「電子メニュー」は作ることが出来ます。
 

 

仮想店舗のメニュー表ページへ! ↓ ↓ ↓

※単なる電子メニュー表は、「見るだけ」のものとなります。
例えば、食材が無くなってしまい「売切れ」表示したいときなどは、有料サービスを使うこととなります。テイクアウト注文するにもネットショップで良く使われる「カートに入れる」機能を搭載したり、クレジット決済会社と契約してスマホでの決済を必須にすることも出来ます。

 
 

運営ブログ

電子マネー・電子決済・QRコード決済などのスマホ決済、キャッシュレスに関するブログ

電子マネー・電子決済・QRコード決済などのスマホ決済、キャッシュレスに関するブログ