google.com, pub-1581610535541410, DIRECT, f08c47fec0942fa0

MOBILE ORDER
お客様自身のスマホで注文するセルフオーダー飲食店でのコロナウィルス対策として、お客様ご自身のスマホから注文するモバイルオーダーが増えてきています。

HOME | モバイルオーダー

モバイルオーダー

mobile order

モバイルオーダーアプリで実際に注文してみた画面です。

img_3400.png img_3402.png img_3403.png img_3404.png img_3405.png img_3406.png img_3407.png img_3408.png img_3409.png img_3410.png

2021年7月現在、マクドナルド公式アプリの「オーダー」から注文するように変更されていました。
 
※モバイルオーダーでのお支払いはクレジットカード、PayPay、LINE Pay、Apple Payのいずれかとなります。(➡d払い、楽天ペイも出来るようになっていました。)
注文した後は、指定店舗に指定した時間に訪問して、モニター画面で番号を確認して受け取ります!

どんどん進化するマクドナルドのモバイルオーダーを改めて、注文してみることとします。
店舗カウンター以外に「駐車場受取」や「ドライブスルー受取」も選べるようになっています。
 

img_5629.png img_5624.png img_5625.png img_5626.png img_5627.png img_5628.png img_5629.png img_5630.png

チェーン店はテイクアウトアプリ!

スターバックス」、「吉野家」、「丸亀製麺」、「すき家」、「なか卯」、「ケンタッキー」「餃子の王将」、「松屋」、「カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)」、「木曽路」などなど

レジ・ハンディアプリと連動したモバイルオーダー

店内注文

Airレジハンディ/セルフオーダー

50万以上ダウンロードされているiPadレジアプリのAirレジより、有料のハンディアプリとQRコードを読込みお客さまご自身のスマホから注文するセルフオーダーが提供されています。
 
※スマホでキャッシュレス決済する仕組みまでは出来ていないようでした。

↓ ↓ ↓お客様が操作するスマホの画面
Airレジセルフオーダー価格
※今まで無料でAirレジを使われていたカフェなどでは、セルフオーダー・モバイルオーダー対応にするのに月額17,600円を払う価値があるのか?考えてしまうお店が多いのでは????

最近1年で30社以上モバイルオーターを提供する会社が増えてきています。まさにレッドオーシャン状態!!
利用料金はPOSレジ機能にプラス、10,000円/月~15,000円/月程度かかるところが多いようです。小さな飲食店へはコスト的にはかなりの負担になってしまうのでは?ないかと心配になってしまいます。

 
 

↓ ↓ ↓主たるモバイルオーダーサービス

CLOUD MENU

店内モバイルオーダーが、初期費用無料、月額費用たったの4,800円~で導入できるニュー表作成サービス「CloudMenu(クラウドメニュー)」がリリースされました。

 youtube動画↓ ↓ ↓
 
なかなか良く出来ていると思います。➡ デモ画面
 
レジアプリ連動していないのが残念!

ハンディオーダー

青森県にあるティードリームネットワークスより「ハンディオーダー」がリリースされています。
電子メニュー注文システム「ハンディオーダーTM」とは、お客様自身が手元のスマートフォンやタブレット端末で直接注文ができる電子メニュー注文システムです。
メニュー表を手渡したりオーダーを取りに行く手間が省けますので、省力化や接触感染のリスク低減などの感染症対策が出来るのが特徴です。
もちろんテイクアウトにも対応しています。
 【価格】
システム構築費110,000円(この中には消費税10,000円が含まれています)~月額費用5,500円(この中には消費税500円が含まれています)~
初期データ設定、機器設定代行、スタッフトレーニング55,000円(この中には消費税5,000円が含まれています)~※現地設定の場合、別途移動交通費要

デモ画面でスマホから注文してみた画面です。

他社レジアプリに連携したモバイルオーダー

店外注文が多い

無料・安価なモバイルオーダー

店外注文が多い

QRfood

10,000飲食店の紙メニューを電子化するキャンペーン  ~QRfood-世界と日本の美食店舗を繋ぐグルメアプリ~
2021.09.13  by2Dファイヤー・ジャパン株式会社

スマホで予約・注文・決済の多言語グルメアプリ『QRfood』を運営する2Dファイヤー・ジャパン株式会社はこの度、10,000飲食店の紙メニューを電子化するキャンペーンを実施します。
 
スマホで撮影した紙メニューブックの写真を、スマホから送信(※)していただくだけで、【消費者ご自身のスマホ de 読取る電子メニュー】をキャンペーン価格でご提供します。➡HP

 

デモ画面でスマホから注文してみた画面です。

mabo

モバイルオーダーmaboは、
店内でスマートフォンを使って注文する事ができるモバイルオーダー・セルフオーダーシステムです。お客様はQRコードを読み込んで自分のスマートフォンから簡単に注文をすることが可能です。
メニューの画像を送るだけ!
面倒な入力作業を代行いたします。
システム導入に不慣れな店舗様も多くおられると思いますので、初回のメニュー登録は、お店のメニュー画像をお送りいただきましたら、無料で登録を代行をさせていただけるようです。 すごい太っ腹サービスですね。

 
 

funto

funfoは、0円で簡単に導入できるモバイルオーダーアプリ。必要なのはiPadとインターネット環境のみ。
対応端末:iPad、iPad mini、iPad Air、iPad Pro。(2014年以降に発売のモデル)
システム:ios 12以上
 より効率性を求める方には、funfoと連携している周辺機器(ハードウェア)をご案内いたします。
周辺機器:キッチンプリンター、レシートプリンター、キャッシュドロア、カード立て、Square Reader
 メニュー入力代行やご要望に合わせてオリジナルのQRコードデザインなどの導入サポートもございますので、是非お気軽にご連絡くださいませ。
 ※LINEミニアプリ連携も無料で使えるようです。

 

無料でモバイルオーダーを提供しているサービスは、Squareセルフオーダーなどもあります。Squareのビジネスモデルは決済手数料で稼ぐものなので、決済金額が増えることで会社に入る手数料が増えていく仕組みです。
なので、
テイクアウト専用で店外からの注文をクレジット決済で受けるサービスは、従来ECサイトや予約サイトでも出来てしまいます。
ベンチャー系のテイクイーツでは、決済手数料とは別に決済金額の8%手数料を取るものですが、利益率が高くないお弁当などにはそぐわないのではないでしょうか?
 自社で決済サービスを行っていない会社の無料モバイルオーダーは儲けどころがないボランティア的なものなので、店舗への厚いサポートを期待することは無理があると思われます。

電子メニューやモバイルオーダーをお客様がスマホで閲覧すると、パケット代金がかかることになるので「ゲストWiFi」をお店に設置すると良いと思います。➡お店の無線LANネットワークページ

モバイルオーダー画面には、料理メニューの単品画像写真を掲載するのが一般的ですが、料理の単品画像を撮影するプロに頼むといくらくらいかかるのでしょうか?
 
商品撮影や、料理撮影の撮影費の相場は、半日拘束で、通常6万円~8万円くらいですが、 フリーランスのカメラマンでも5~7万円くらいかかるようです。

 
予算を抑えるためには、プロに頼まずにチャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか?
でも、やっぱりしずる感が出た美味しそうな料理写真を撮るにはプロのカメラマンに頼むのも捨てがたいです!
全国対応している「ミツモア」などのサイトを利用してみるのも一考の価値があるかもしれません。

LINE miniアプリで提供されるモバイルオーダーもいくつか増えてきています。
お店の外から注文する場合は、クレジットなどの決済が済んでいるものが多くお店側にとっても便利となります。
ただ、お店の中から注文される場合などは、既存のレジと連動していなけければメリットがありません。
UIなどの操作性だけでなく、運用に見合った決済方法などが選べるのか?
 

詳細については、↓ ↓ ↓よりお問合せ願います。
 

運営ブログ

電子マネー・電子決済・QRコード決済などのスマホ決済、キャッシュレスに関するブログ

電子マネー・電子決済・QRコード決済などのスマホ決済、キャッシュレスに関するブログ